気になるニオイを消すチュラリアにはどんな成分

ワキガのニオイを消してくれるチュラリアは、医薬部外品の扱いなので効果がしっかりと感じられるデオドラントクリームと言われています。
でも、どんな成分が使われているのか気になったので少し調べてみる事にしました!

薬用成分の効果はコレ!ニオイの原因「汗」を断つ!!

ワキガなどの気になるニオイの原因は、脇にあるアポクリン腺という汗腺から出る汗が原因。

チュラリアに配合されている有効成分「フェノールスルホン酸亜鉛」は皮脂や粘膜にあるタンパク質と結合して膜を作り、汗が出る事自体を抑制する働きを持っています。

鼻につくツーンとするニオイは表皮の常在菌がアポクリン腺からの汗を分解する際に起こる臭いなので、汗を抑制するのが一番ニオイを軽減するコツ。
汗を抑制する効果があるので、塗ったクリームが汗で流れて効果が激減する心配もありません♪

さらにはチュラリアに配合されている殺菌効果を持つ有効成分「シメン-5-オール」の消臭効果が注目され始めていて、ワキガや臭いの救世主として期待されています。
皮脂の表面の雑菌を殺菌して分解。汗が雑菌と結びつくのを防いでくれるので、ニオイが発生しにくくなるんです。

薬用有効成分はどちらも効果が高く、ワキガの対策としてはかなり期待できる成分が使われています。あわせて読むとおすすめなサイト⇒プラステンアップ 口コミ

健全な精神は健全な肉体に宿る。

健康な肉体を手に入れるために、と考えて条件を出してみた。食生活を正し、就寝時間と起床時間をほぼ同じにし、ワークライフバランスがきちんとしていて、それからちゃんと運動までできているストレスの少ない生活を送るという、現代日本に生きていて難しいのではないかと思われるものだらけになってしまった。

バランスの取れた食生活なんて、料理をほとんどしなくて偏食でアレルギーも多い人間には結構な難題だ。ついでに、ストレスの少ない生活というのも、難しい。ストレスの少ない好きなことや得意なことで人間関係も円滑な条件でお金を稼ぐ。これもまた現状の己には難題だ。そうして休日は運動をせずに眠りこけたりインドアだったりしていることが多いとなれば、運動不足にも陥る。散歩はしているが、それが運動になるだろうか。
自分は健全な精神を手に入れたい。だらけたり、うだうだしたりするのを変えたい。そのためには肉体から変えるべきだと思ったわけだが、健全な精神でなければ上記の生活を送って健全な肉体を手に入れるのは難しいのではないかと思ってしまった。
卵が先か、鶏が先か、というあの議論だ。
肉体の方が手がつけやすいかと思ったが、また考えなければならないかもしれない。
まあ、こんなことを考えずに、日々を楽しく生きることを実践すればいい気がしなくもない(そうするとストレスが減るので精神が健全に近づくはずである)。こちらもおすすめ>>>>>シワ消しジェル

寒い季節におすすめ!朝起きたら食前に・・・

最近、朝、目が覚めると「この寒さ、さては、東京もいよいよ豪雪か!?」なんて一瞬思うのですが、特段そういうわけでもなく寒い日が続いていますね。
あまりにも寒くて寒くて、私はなかなか布団から出られません。
いっそのこと思いきり雪が降って、大幅に電車遅延してくれたらゆっくり出勤するのにな~
・・・なんて東京タラレバ娘的なこと考えたりしながら無駄に時間を浪費して、
その後、結局、寒さに耐えながら布団から出て準備を始める、というアホな朝が定番になりつつあります。

世の中の皆さん、どうやって朝スムーズに起きているの?なんて、つくづく不思議に思います。
いや、テクニック云々ではなく、単に、私の気合いが足りないだけか。。。

こないだ、何気なく見ていたテレビのバラエティ番組で、
「美容の秘訣は?」と質問された某女優さんが「白湯を飲みます」などと答えていて、
お湯飲んで美しくなれたら苦労しないよっ!!!と内心突っ込んだものですが、今朝、試してみました。

というのも、寒さしのぎにホットミルクを飲もうと思ったら、牛乳を切らしてしまっていたので、
お湯でも沸かして飲むか、という発想だったのですが。

しかし、結論としては、白湯めっちゃオススメです!!
やはり起きがけのホットドリンクは胃腸が温まるし、たまたまかもしれませんがお通じにも効果テキメン!です。
寝起きの身体は水分が不足していると言われていますし、
「水分補給」という意味では、牛乳より白湯の方が良さそうですね。

白湯の作り方は簡単。
沸騰させたお湯のままだと熱くてなかなか飲めないので、少し冷たい水を加えるだけで白湯になります。
または、ミネラルウォーターをマグカップに入れて、500~600wの電子レンジで1分半くらい温めるだけです。
私の場合は、メイクアップや髪のブローをしながら、ゆっくり一口ずつ飲みましたが、
がぶ飲みするよりも、じわじわと飲む方が、身体に水分が染み渡るような気がしました。

寒い季節、朝起きたら(どうにか気合いで布団から出て)、食事の前に白湯を飲む。
これ、習慣付けてみようと思います。管理人のお世話になってるサイト⇒頭皮ケア

あなたが食べて飲んでいるものが虫歯を作る原因になっている

虫歯は子供の頃、親から貰うなどして虫歯菌が定住することで起こってしまいます。虫歯にならないために気を付けるべきことは、歯をしっかり磨くだけではありません。日頃食べている、飲んでいるものにも気を付けないと虫歯になりやすくなります。
 砂糖が入った甘味類は虫歯菌の好物だというのは広く知られていますが、酸味が強いものが歯に悪いことを知っている方は意外と少ないです。実は酢などの酸味が強い食べ物は歯を溶かしてしまいます。その結果、虫歯になりやすくなり歯が薄くなってボロボロになったりします。酸味の強いものを食べた後、すぐに口を濯いだり他のものを食べたりすることを心がけましょう。ただし、食べた後すぐに歯を磨いてしまうのは危険です。口の中に残っている酸をこすりつけることにより歯を削ってしまうことになりますので、なるべく行わないようにしてください。

 飲み物にも危険が潜んでいます。甘いジュースはもちろんのこと、意外と見落としがちなのが紅茶やコーヒーです。日頃からジュースを飲んでいないから大丈夫と思っている方でも、実は砂糖をたっぷり入れて紅茶やコーヒーを飲んでいる方がたくさんいます。また、市販の野菜ジュースやスポーツ飲料も体には良さそうですが、それらも糖類が入っています。毎日何を飲んでいるか、どのような成分が入っているか、正しく知ることが大切です。
 毎日きちんと歯を磨いているのに虫歯になるのは、こうした食べ物や飲み物の知識がきちんと得られていないことが原因となることもあります。虫歯を作る原因を断ち、健康な歯を維持できるよう、自分の生活を見直してみてください。